チワワと暮らす社長のブログ

喉頭麻痺(犬、呼吸発作)で、喉に穴を開けたアッシュの闘病日記、介護方法。(+2匹目は天然のミルク)  そして、インターネットベンチャー会社の日々の日記。

アッシュ10才  

この半年くらい、相当に仕事が忙しく、
半年ぶりくらいの記事となりますm(_ _)m

10年前の会社の創業期と同じくらい忙しいです。

もう半年くらいしたら、少し余裕が出ると思います…(T_T)
____________________

アッシュは10才になりました(*´∀`*)

アッシュの介護をしながら仕事をして、6年経ちます。

約6年前、
喉頭麻痺、呼吸発作から、喉に1cmの呼吸孔を開ける手術。

突然に、窒息、チアノーゼ症状で呼吸発作で、失神するけど、
30分くらいすると、ケロッと治る「謎」の症状。

結局のところ、小さい頃か、先天性の脊髄系の神経麻痺により、
後ろ足の神経が弱くて、フローリングでは歩けず、
僕の仕事部屋のマットの上だけでは歩けるアッシュ…。

舌の力も弱いので、ご飯は小さくしたものはないと、
舌ですくいあげれないと気付いてみたり…。

喉の神経も、その関係で「弱い」ので、
大人になるにつれて、必要な酸素の量が増えたのに、
「息を吸う力(喉の力)」が増えていかないので、
ちょっとした呼吸の乱れで、空気が足りなくなり、
それがパニックを生み、過呼吸となり、失神する…。

難病すぎて、
「なぜ、よりによって、うちのアッシュに発生しているんだろう?」
…と、犬の神様?を恨んだりもしました。

部屋の中では走り回れるアッシュ。

でも、たまに、外に連れ出し、道路の上に置いても、
後ろ足がナックリングしてしまうので一歩も歩けない…。

結局、カバンにアッシュを入れて歩くと、
風を感じるのは好きらしく、満足気に鼻を鳴らす(*´∀`*)

喉の穴の汚れを清浄綿で拭いてあげたり、
穴の周りの毛をハサミで短く切ってあげたり、
後ろ足で耳をかけないので、いつも耳毛が絡まるのを、
ハサミでチョキチョキ切って綺麗にしてあげる。

 >こんなに手のかかるチワワは他にいない…

…と思うのですが、
そこまで手がかかっても、これがアッシュの個性だし、
努力しても、どうにもならない現実があるわけで、
アッシュが息をして、抱きしめると温かいことに感謝できる。


▼部屋の中だと、くるくる回って元気なアッシュ

  >アッシュ色=アッシュ 10才
  >ミルク色=みーちゃん 7才   ←この子はいつも元気。

[広告] VPS

category: アッシュの闘病日記

tb: --   cm: 4

プロフィール

ニコッとタウンのアバター

ノロタン(仮想わんこ)

茶椀(仮想わんこ)

もふ太郎(仮想アルパカ)

おにぎり(仮想パンダ)

モチオ(仮想うさぎ)

みー(仮想にゃんこ)

外部リンク(頑張ってる犬)

アクセスランキング

ランキング参加サイト