チワワと暮らす社長のブログ

喉頭麻痺(犬、呼吸発作)で、喉に穴を開けたアッシュの闘病日記、介護方法。(+2匹目は天然のミルク)  そして、インターネットベンチャー会社の日々の日記。

ネブライザー中のアッシュ  



朝と夜にやっている「ネブライザー」です。

右下のホースが付いている機械=ネプライザー(機器)です。
「丸いところ」に、「水」を入れて、「超音波」で、中に入れた「溶剤の抗生物質」
をシュワワワって”ミスト(霧)”にして、自作の酸素ケースの中に注ぎます。

タイマーは「15分」です。
もうアッシュは慣れてきたので、「15分」は中で気持ち良さそうに寝ています。

喉に空けた空気孔から、「湿った空気」が気管と肺を潤すので、呼吸が楽になる
ことを覚えたのだと思います。

15分経つと、ガシガシと、プラスチックの壁を叩き、「もう15分経ったよ?」と、
知らせてくれると言うか、「出してよ!」と猛烈にアピールしてきます(゚д゚;)

自作の酸素ケースの元になったのは、「見たまんま」ですが、「衣装ケース」です。
一番大きいサイズで、45cm×60cmのケースを買ってきました。
右側と左側に、「3cm」くらいの「空気を取り込んで流す穴」を作ることで、
酸素が対流するようにしています。

category: チワワ(アッシュ)

tb: 0   cm: 3

コメント

No title

須崎動物病院の情報、ありがとうございます。

アッシュの喉が別の治療法で治る可能性があるのか?
については、アッシュの体力が回復したら、別の病院
に行って調べたいとは思っていました。

ありがとうございます。

ニコット #79D/WHSg | URL
2011/05/10 16:33 | edit

No title

ニコタからきますた^p^

ケース自作なんですか!?
すごいですね♪

アッシュちゃんぇ
お大事に☆
アピール上手だね(((((

ニコット #79D/WHSg | URL
2011/05/10 16:36 | edit

No title

スピッツなのに、ボスというのが良いですね^^

介護は「無理」が生じると、介護している人も倒れてしまうので、アッシュが退院するまでの1カ月の間に、できるだけ「介護の作業」に負担がかからないように対処をしました。

とくに、一番、心労になりそうだったのが「加湿=50%」です。
一般家庭で、加湿50%を実現することは難しく、水ほ保有量が4リットルが最大である機種が多く、500ml/時間の水分を出す計算だと、9時間くらいしか、加湿を続けてくれる機械がなく、これだと、朝、家を出て帰ってくるまでに「加湿器の水切れ」が発生します。

メーカーとかにも実情を話をして、設定を変えることで、24時間近く、水切れを起こさないタイプの加湿器を教えて欲しい…という話をしたのですが、実在しないことがわかりました^-^;

そこで、さらに調べた結果、ダイキンのうるるとさらだだけは、無給水で、外気を取り入れて、ずっと加湿を続けるという機種があり、思い切って、その機種にエアコンを取り替えてしまいました。

実際に、50%まで加湿はできなかったのですが、補助で気化式の加湿器を置くことで、2台を稼働させていると、湿度50-60%になります。

ネブライザーも、生理食塩水ですと、1週間しか、保全できないので、代価のものを探した結果、ソフコンプラスというソフトコンタクトレンズの洗浄剤が、唯一、生理食塩水を同じ成分だと知り、それは薬局で普通に売っているので、それを買って対応しています。

注射器で生理食塩水パックから20mlを吸い取る作業の時は、「こ、これは継続は厳しい」と思ったのですが、ソフコンプラスはボトルタイプなので、チューと押すだけで出てくれるので、これがかなり助かりました。

いろいろ工夫して、負担がかからないような介護方法を考えていますーー

ニコット #79D/WHSg | URL
2011/05/11 16:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiwawalife.blog.fc2.com/tb.php/2-a1b82dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ニコッとタウンのアバター

ノロタン(仮想わんこ)

茶椀(仮想わんこ)

もふ太郎(仮想アルパカ)

おにぎり(仮想パンダ)

モチオ(仮想うさぎ)

みー(仮想にゃんこ)

外部リンク(頑張ってる犬)

アクセスランキング

ランキング参加サイト