スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平常どおりのアッシュ

月曜の朝に、後ろ足が動かなくなったアッシュ。

病院に着いた時、いつも通り、ヨタヨタ歩くようになり、
一安心なんですが、原因不明のままなので、
今日も早く帰ってきて、アッシュを眺めていました。

なにごとも無かったように、アッシュは元気です^^

__________________________


▼とにかく、チワワは、ジーっと見てきます^^;

WS000008_20120307022529.jpg


▼おやつが欲しい時の顔です(ちゃんと自分の足で立ってます)

20120304234324_20120307031024.jpg


▼ささみ巻き棒に夢中のアッシュ

WS000009_20120307025327.jpg


▼ふがーふがーふがー

20120307020338.jpg

アッシュは、だいたい、夜中の3時になると、
「寝る~、寝る~」と、「眠たいよ!」という合図をしてきます。
左側からガシガシ登ってきて、僕の顔を舐め続けるのが、
アッシュの眠たい時の合図です。

ミーちゃんは、「クーンクーン」と犬らしい甘え方をしてきます^^;



コメントの投稿

非公開コメント

病気でなく個性

確かに、そうですね。
私、もし神様が、家の子の外見をまったく同じで、どこも悪くない健康な体と交換してあげようって言ってくれたとしたら…って考えた事がありました。 でも、それは、とても良いことだけれど、それでは家の子であって、家の子とは違ってしまう。 生まれて来た、そのままを受け入れて、愛していきたいと思いました。
ニコッとさんがおっしゃる事と同じですよね(o^-^o)
個性と表現するのは、素晴らしいと思います。 家の子も個性的で良いです(笑)本当に可愛くて仕方ないです。
来週にはレントゲンを撮ってから、大丈夫なようなら、ギブスを外す予定です。再発の可能性が高いので、正直、怖いです。
手術を考えても、難しい手術なのでリスクも高く、まして、家の子は小さいから余計に……
ニコッとさんの、手術をして悪化するよりも慎重にして普通の生活をと言うのは、とても心が落ち着きました。 手術中に亡くなる事もあるし、術後は感染症の心配もあるし、手術自体が無事に済んでも、固定したピンが外れたりする事もあると…
ただ慎重にと言っても、動きを制限させる事しかなくて、それは可哀想かなと考えたり。 後は、少し固めの生地でコルセットを作ってもらう事にしました。
正直、ギブスを外さずに過ごせないかと考えましたが、それもまた可哀想ですよね…… 先生がおっしゃるには、ギブスで固定してる間に靭帯でなく、靭帯より弱いもので環軸椎が固定されるみたいなのですが、家の子は体が極端に小さいから、負担も少なく普通に生活出来ると思うと言われましたが、やはり不安は消せませんよね。
でも、挫けないし諦めません! まだまだ一緒に楽しい時間を過ごしたいから! ニコッとさんも、神様のプレゼントで無くて、アッシュちゃんがニコッとパパと一緒に居たいという、強い気持ち、愛情で過ごせているのでは?!と私は思います。 愛は強いです(o^-^o)
まだまだ、強い愛を見せ続けて下さい♪アッシュちゃん★

完治しないこと

こんにちは

最初、アッシュの「喉」を完治させようと躍起でした。

途中で、「穴を開ける=完治しない」ということがわかりました。
でも、その頃は、「完治」しなくても良いから、どうにか、
アッシュが生き続ける選択をしたい…と思いました。

その後、肋骨が折れた部分も、金属ピンごと折れてるので、
やっぱり、今から手術をしても、もう、くっつかない…と言われ、
「肋骨も2本折れたままで完治しない」とわかりました。

病院の先生から、「人間」から見たら、「完治しないと
気持ち悪いと思うのですが、犬から見た場合、痛みも
ないのであれば、ヘタに手術して悪化する危険がある
よりも、慎重に飼い続けることで健常犬と変わらない」
という話をされて、肋骨の手術を諦めました。

後ろ足に至っては、いまだに原因不明なのですが、
アッシュなりに、前足をうまく使ったり、
ツルツル滑るところだけ、後ろ向きになって、
前足で踏ん張って、後ろ向きに歩くことを覚えました^^;

野生の動物って、いろいろな意味で生命力があると
思っています。

最終的には、本人が痛がらず、飼い主と一緒に
いられる時間がたくさんあることが、犬にとって
幸せなのだと思っています。

「病気」ではなく、その子の「個性」だと思っています^^

はじめまして。

初めて、アッシュ君のブログ、読ませていただきました。
アッシュ君は、病気だけれども、とてもとても幸せな子ですね。
こんなに愛して大切に想ってくれるパパ様に出会えたのですから…
私も9ヶ月のチワワが居ますが、8ヶ月半の時に環軸亜脱臼が発症してしまい、今、ギブスで固定しているところです。
体が550gと小さい為、手術も無理みたいなので、ギブスで落ち着かせる方法しかなく、完治はありません。
守らなくてはイケないのに、落ち込んでしまったりでした…
けれど、アッシュ君パパ様のブログを読んで、自分の大切な子供の為に、こんな風に向かっていかなくてはいけないんだ! と強く思いました。

ありがとうございます。

アッシュ君パパ様のように、頼れるパパ(ママ)になれるよう、頑張っていきます(o^-^o)

アッシュ君は、まだまだ大切な大好きなパパ様の側にいたいはずだし、一度、大きな事を乗り越えると、長生きすると言われたりするので、たくさん一緒に居て欲しいです。
また、ブログ読ませていただきたいと思ってます。

二匹がカメラ目線なのが可愛いです^^
顔もいい表情ですね!!wまるでモデルさんです^^

油断は禁物です。

こんにちは。
いつものアッシュちゃんが見れて少し安心しています。
でも、油断は禁物です。
犬は、自分の限界ギリギリまで我慢しまう子が
ほとんどなんです。
時間にも時計みたいに正確ですから
アッシュちゃんの場合はとくに規則正しい生活を
心がけてあげて下さい。
しばらくは、早く帰ってきて慎重に様子を見てあげてくださいね。
作者へのメール


訪問者
プロフィール

ニコット

Author:ニコット
____________
こんにちは(・ω・)
個人的な日記を書いてます。
(スマイルラボ 伊藤隆博)

__ ニコッとタウン __

 ~絵本のような仮想生活~
   www.nicotto.jp
ニコッとタウン

・2008年 9月リリース
・2010年 ウェブマネーアワード1位
・2011年 100万ID登録
・2015年 150万ID予想
_______________

   ~アッシュの写真~

小さい頃のアッシュ180×180

▲ 小さい頃のアッシュ(灰色)

元気なアッシュ

▲ 元気だった頃のアッシュ

眠るアッシュ180×180

▲ 毛並みがふわふわのアッシュ

入院中のアッシュ180×180

▲ 酸素ケースで眠るアッシュ

退院したアッシュ

▲ 喉に穴を開ける手術直後

プロフィール180×180

▲ 退院後5カ月、元気に回復

_______________

 ~ミルクプリンの写真~
 (ミーちゃん)

プロフィール180×180

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

875位
アクセスランキングを見る>>
ランキング参加サイト
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。