チワワと暮らす社長のブログ

喉頭麻痺(犬、呼吸発作)で、喉に穴を開けたアッシュの闘病日記、介護方法。(+2匹目は天然のミルク)  そして、インターネットベンチャー会社の日々の日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

たくさん長生きして欲しい  

あと1ヶ月で、アッシュが呼吸発作を起こしてから2年経ちます。
(喉に呼吸のための穴を開ける手術をしてから、1年10ヶ月)

アッシュは小さい頃から、お腹を上にして「ゴロン」としない子でした。
小さい頃から「猫背」だったので、恐らく、背骨のどこかが「痛い」というか、
なんらかの「背骨の異常」を自分なりに感じていたのだと思います。

でも、ふかふかしたクッションの上で、首をなでなでしていると、
だんだん、ゴロンしてきます。

それでも、下半身はゴロンしないのですが…^^;


WS000001_20121023010317.jpg


健康なチワワをもう1匹飼うことで、アッシュとの差を確認してるんですが、
アッシュの呼吸は、「少し努力呼吸」です。

つまり、胸が多少、隆起して、息を吸っています。

ミーちゃんは、いつも、すやすや寝てますが、
アッシュの眠りは浅く、いつも部屋の中の冷たい床を探して、
体を冷やして眠っています。

喉の「呼吸の穴」が原因なのか?
それとも、「肋骨が折れたまま」なことが原因なのか?

2本折れているくらいなら呼吸に支障はないのか?
今でも手で折れているところをさわると、結合しておらず、
折れて、ポッキリしている断面の隙間(1cm)を感じます。

今週末は、久しぶりに動物病院に行って検査をしようかな…。

ミーちゃんの足の爪も切らないといけないので…。
(ミーちゃんは、どうしても嫌がって切らせてくれません^^;)



▼ミーちゃんは、ひっくり返ったまま寝たりします。(超天然)

2012-08-27 05.29.40


category: チワワ(アッシュ)

tb: --   cm: 8

コメント

No title

人間でも肋骨が折れたら、息できません。
それにものすごく痛いと聞いたことがあります。
こんなに小さな体なのに5本折れたなんて。
痛いの限界を越えた痛さだったはず。
アッシュちゃん。。。
闘病記録は拝見していて知っているけれど、
それでもよく頑張ったね。いい子だ。

もう体がそれなりに対応していると思いますが、
健気に過ごしているアッシュちゃんを知ると
なんとも言えない気持ちになります。
寒すぎても体によくないし、なかなか難しいですね。

nobita #q1hRk85s | URL
2012/10/30 01:36 | edit

5本折れました…

アッシュの肋骨は、5本折れました…。

そのうち2本は亀裂で、3本がポッキリ折れてました。
その3本に、金属ピンを入れて、2本が金属ピンごと折れました。

ですから、アッシュの右の肺は、肋骨が2本折れたままです。
「それなりにくっつく」という話があっても、
そもそも、その金属ピンが邪魔をして、
折れた肋骨同士の接点がないので、
周辺骨格に、くっついていると思われます。

空気が冷たい方が、息苦しくないことがわかったので、
改めて、部屋の温度を25度にしています。

ちょっと人間には「ひんやり」しているのですが、
アッシュの呼吸が楽であれば、まあ、特に問題はないです^^

ニコット #jQTfdwCM | URL
2012/10/29 11:34 | edit

No title

こんばんは。
やはり肋骨が1本損傷していることで
ゆがみが出て肺の大きさが保てないのですね。

本当はいっぱいはしゃぎたいけど
大人しくしているのが一番楽なの。って思っているのでしょう。
自分の体をよく分かっているんですね。
マウンティングができるのはある意味いい事です。^^。

>>確か、前に、この生理現象を調べた時、
とてもわかりやすい説明ページがあったので、

お忙しいと思いますが
お時間がある時にぜひ!掲載お願いします。^^


のびたの場合、マッサージする時は
神経の集中している頸椎をいったりきたりしながら
左右均等に小さな円を描くようにマッサージします。
右回りと左回りを均等にしています。
小刻みに揺らしたりもします。
私の場合はフォックス先生の犬マッサージという本がいちばん参考になりました。
自分なりにアレンジを加えたりして今は自己流です。^^
肋骨の間にも結構ツボが集中しています。
アッシュちゃんの場合は、折れた部分があるので、
脊椎近辺がいいのかもしれません。
のびたは、病気の進行を止める事はできないので
咳が日に日に酷くなってきています。
首に力が入るので、首が固くなります。
アッシュちゃんの場合は、肺をカバーすることを考えると
気管支を広げるのがいいのかな?
胸をやさしくさするとか。
でも血流がよくなってくると体が温まるので、
息苦しさもでてくるようです。
あんばいを見ながらマッサージしています。

あと、犬のツボもあります。
私は覚えるのが大変なので、(笑)
肝心なものだけ把握してあとは
頸椎近辺や体をいっぱい触ることでいろんなツボが刺激されるかなと。

ツボのサイト
http://www.shinkyu.com/doggy/kaku.htm

リラックスは本当にいいです!
アッシュちゃんの自己治癒力が上がっていく事を期待します!




nobita #q1hRk85s | URL
2012/10/27 02:15 | edit

No title

v-352どうかどうか元気でいてねv-344

さゆ #- | URL
2012/10/24 13:03 | edit

肺がちゃんと膨らまないのが原因だと思います。

おそらく、肺がちゃんと膨らまないので、
がんばって息を吸っていると思います。

それ以外は、元気に走り回っています^^

呼吸発作で息が苦しくなった時の対処として、
冷たいところに寝かすという処方があり、
かつ、犬自身も、自然に冷たいところに移動します。

確か、前に、この生理現象を調べた時、
とてもわかりやすい説明ページがあったので、
後で再び調べて掲載したいと思います。


はい、いつも左手で、アッシュの首のところを、
コネコネとマッサージしたり、足をプニプニと
マッサージしたり、全身の毛を指でさかなでて、
全体の神経を刺激してあげたり、
「お犬様」状態ですが、気付くと、
アッシュの体をほぐしてあげるようにしてます。

後ろ足が弱いので、普通の犬より、体を掻いたり
できていなかったり、肋骨骨折が影響して、
激しく走り回ったりしていないので、
いつもアッシュは運動不足だと思うし、
体全体への刺激が少ないと思います。

いつも、ミーちゃんは走り回ってますが、
アッシュは、ヒマさえあれば、横になって、
クッションの上や、コタツの下で丸くなっているので、
【年寄りの犬】っぽいんですよね^^

先生曰く、息の量が小さい頃から少なかったので、
アッシュにとっては、行動量を制限して、
少ない息の量で生活するのが「普通」だったので、
本人は、それが普通だから、良いみたいです。

でも、たまにはげしく、ずっと、クッションにまたがって、
マウンティングごっこを30分以上して、
はぁはぁしているので、運動は運動で「やる気」十分です^^

ニコット #jQTfdwCM | URL
2012/10/23 15:33 | edit

No title

こんにちは。
アッシュちゃんは、やはり肺になんらかの支障があるのではないかと思います。
というのものびたの症状に似ているからです。

のびたは心臓が原因によって肺に支障が出ているのですが、努力呼吸です。
疲れなどによって心臓の状態が悪くなるとますます肺に影響が出て
見てると怖いくらいの努力呼吸になります。
この場合は、すぐに病院です。

今年に入ってから、肺の位置を高くしたがります。
盛られてるところに上半身をのっけます。
呼吸が楽になるみたいです。
この現象は、心臓を患って肺が苦しい子に見られる共通した現象です。

あと、肺を暖めると苦しいようです。
人間と同じように寒くなれば、感覚は暖かいところを欲しますが、
実際は肺が苦しくなってしまうので
どちらかというと冷たいところへ移動したがります。

アッシュちゃんは症状としては大きく出ていないけれど気管を含め、
なんらかの支障がやはりあるのでしょう。
肋骨が折れている事で、肺の膨らむ大きさが
きちんと確保できていないのかもしれません。
でも本当に苦しいと仰向けになれません。
仰向けになることができるできないはひとつの目安になります。

のびたもそうですが、経験上、限界はあれど本人の生きたいという気持ちで
寿命はひっぱれると思っています。
(それには、早い対処も必要です)
愛情は間違いなく伝わりますし、
それがまだまだ一緒にいたいという心地にさせてくれます。
まだ5歳のアッシュちゃんなら体を出来る限り正常に近づけて機能させたいところです。
マッサージもいいです。(私はおさぼりしますが。。。)
心地よい感覚が副交感神経上位にしてくれます。
楽しい、嬉しい、愛しい環境をたくさん与えてあげて下さいませ。






nobita #q1hRk85s | URL
2012/10/23 12:50 | edit

No title

そうですね、
チワワくらいは育てられる人でありたいと思ってます^^;

ニコット #jQTfdwCM | URL
2012/10/23 07:27 | edit

No title

アッシュちゃん・・・小さい頃からゴロン出来なかったんですね。

やはり、痛みががあるんでしょうか?
動物は、口がきけないので分からないですよね。
痛い事とか、我慢しちゃうし。
表情や仕草で、推測しなきゃいけないし。

それでも、ニコットさんのブログを拝見していますと、
穏やかな表情で写っている事が多いので。。。
アッシュちゃんもみーちゃんも幸せなんだなって。。。

一生懸命なニコットさん。
お仕事も忙しくて大変だし、アッシュちゃんやみーちゃんのお世話も
大変だと思います。
でも、自分のお体もご自愛してくださいネ。

一日でも長くアッシュちゃんと一緒にいられる事を
願ってやみません。。。

fightです!

みかっぽ #32.qpUqA | URL
2012/10/23 06:40 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ニコッとタウンのアバター

ノロタン(仮想わんこ)

茶椀(仮想わんこ)

もふ太郎(仮想アルパカ)

おにぎり(仮想パンダ)

モチオ(仮想うさぎ)

みー(仮想にゃんこ)

外部リンク(頑張ってる犬)

アクセスランキング

ランキング参加サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。