チワワと暮らす社長のブログ

喉頭麻痺(犬、呼吸発作)で、喉に穴を開けたアッシュの闘病日記、介護方法。(+2匹目は天然のミルク)  そして、インターネットベンチャー会社の日々の日記。

週末と、最近のアッシュ(文末)  

足の裏の「足底筋膜炎」は、7月くらいから痛くなり、
7,8,9月と3ヶ月経ちますが、かなり回復した気がします。

…と言っても、

まだ家の中で、裸足で歩くと「足のカカト」が痛いので、
家の中では「厚手のスリッパ」を履いてます。

会社に行く時も、「土踏まずのアーチ」が下がらないような
特別製のサポーターを履いて行っています。

まあ、だんだん治ってきたので、
「あと少しで治るかな?」と楽観的な気持ちでいますが、
平日、どうしても、足の裏が痛いと、家事が「おろそか」になります^^;

あと、どうしても、犬の世話も週末にまとめてするようになってます。

__________________________________



そこで週末は、まとめて家事と犬の世話をしてます。

▼「散歩?」と声を掛けると、ソワソワして落ち着かなくなります。

2013-10-06 17.49.49


▼キャリーカーに乗せて散歩です。
 ミーちゃんは歩くのですが、アッシュは相変わらず、5-6歩です^^

2013-10-06 20.13.55


▼おしっこを粗相された時に使うトイレットペーパー
 (吸水性2倍というヤツを使うと、紙がすぐに溶けず良い感じです)

2013-10-06 20.49.05


▼家に帰って、犬ゴハンを作っている間に、自動掃除機の出番です。
 (アッシュは怖がって、コタツの下で、じーっと見てます^^)

2013-10-14 23.04.22


▼掃除して、毛の手入れもしてもらって、ゴハンを食べて満足の2匹。

WS000103.jpg


アッシュの首の「呼吸孔」は、相変わらず、キレイです。

ただ、「呼吸孔」から出る分泌液が穴の周辺に残ると、「茶色」の粘着物となって、
喉の周辺の皮膚にこびりつきます。


以前、動物病院で「なんですかね?」と聞いたことがあるのですが、
「気管内の分泌液が、体外に出て乾燥したもの」…という話で、
汚れは「シャンプー」などの洗剤でもキレイに落ちますというので、
すごい汚れてしまった時に、一度シャンプーを付けて洗いましたが、
その後は、ちょっと汚れたら濡れたガーゼや、ウォッシュペーパーでゴシゴシして、
汚れを取ってあげています。

多少、脂分を含んでいるのですが、ぽろぽろ取れるので、
「粘着物が乾いてこびりついたもの」という認識でいるのですが…。

喉の皮膚の穴の周辺は、手術から3年経ちますが、
今でも穴は小さくならず、毛も生えず、なんだか不思議でいっぱいです。


だんだん、ゆっくり穴が閉じようとしたり、
毛が少しず生えてくるので定期的に剃らないといけない…と着いてましたが。

ですから、たまに、周辺の毛が伸びてきて穴にかかるので、
周辺の毛をハサミで切っていたりするだけです。

その後は、いつもの「筒布」をかぶせて介護終了です\(^o^)/

きっと、この「筒布」が、気管と肺を乾燥から防ぎ、
さらに、ホコリやウィルスが入るのを防いでくれていると思います。


もちろん、あれからずっと、部屋の中の「うるるとさらら」は24時間、
ずっと部屋の湿度を50%に維持してくれるべく頑張って運転しています^^

ここ1年半くらい、「ネブライザー」をしていないので、
自家製の酸素ケースは、すっかり使っていないのですが、平気みたいです。


もうすぐ12月なので、アッシュが病気になってから、丸3年が経ちます。

喉頭麻痺で、喉に穴を開けた子の介護記録がどこにもないので、
あれからずっと手探りで育てていますが、
今でも、毎日、アッシュは元気です。

category: アッシュの闘病日記

tb: --   cm: 2

コメント

No title

アッシュちゃんの介護は 毎日が手探りですね・・・。

私の愛息 「宇宙-sora-」(猫) も
生まれたときから腎臓の数値 (尿素窒素+クレアチニン)の数値が
異常に高く
もぅずっと 療養食 と お薬 の毎日。
長く生きれるのだろうか? と不安な毎日だったけれど
この年の春先くらいから
ニャ太郎 という 野良にゃん がなんとなく居つくようになり
共に過ごすようになって
まず 尿素窒素 の値が6月から落ち着き始め
でも 肝心な クレアチニンがまだまだ 異常数値 だったのだけれど
先日の検査で、その両方が初めて 基準値内になり
嬉しいやら ビックリするやら;;

先生も 「ここまでよくなるとは思っていなかった」 というくらい
とりあえず 現状維持 を心がけていた治療だったので
本当に 嬉しかったです ^^

ニャ太郎の方も 一度 白血球が異常に少なくなり
「このままでは確実に死ぬ」と言われるほどまでの病になったけれど
「宇宙と一緒にまだ遊びたい」 その気持ちが勝ったのか
いまでは 「死にかけていた」のが嘘のように 元気いっぱい。

血のつながりはないけれど
まるで 魂の兄弟のようなふたり。
お互いの存在が お互いの病気を 克服してくれているようです ^^

アッシュちゃんとミーちゃんも
そんな存在なのかもですね ヾ(*´∇`*)
まだまだ 大変なことも多いかと想うけれど
頑張ってくださいね ^^


かかとの痛み。
かかとのない スリッパ を履いてみては いかがでしょぅ?
会社で履いてますが
あれ、結構 気持がいいですよ ^^

そぅちゃん #- | URL
2013/10/22 21:37 | edit

No title

ハードワークな中、アッシュちゃんやミーちゃんのお世話、いつも感心しております。
私は実家のねこの世話を母に任せっきりの状態なので、心苦しい感じです。
抗がん剤の影響で、髭が抜け、毛も薄くなってきてしまいました。
ミーちゃん、毛艶が良くて羨ましい…座っている姿もなんか悩ましい、やっぱり女の子ですね。
あ、エル爺は大活躍ですね^ ^

元気そうですね(^^) #qGo0MfhI | URL
2013/10/18 12:44 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ニコッとタウンのアバター

ノロタン(仮想わんこ)

茶椀(仮想わんこ)

もふ太郎(仮想アルパカ)

おにぎり(仮想パンダ)

モチオ(仮想うさぎ)

みー(仮想にゃんこ)

外部リンク(頑張ってる犬)

アクセスランキング

ランキング参加サイト